リハビリ無料相談実施中です

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

認知症

「認知症」は特有の症状を示す、状態を総称する言葉です。代表的なのはアルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)で、日本では認知症全体の6割以上を占めているとされます。その他、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症(ピック病)の3つがあります。症状は記憶、コミュニケーション、集中力や注意力、論理的思考力と判断力、視覚認知力の低下など複数が同時に起こります。要介護をもたらす原因(寝たきり)の第2位として認知症があり、「老年症候群」とも称される老化に伴う心身の機能低下が理由となる場合が多いです。

リハビリ方法

  • 運動(リハビリ)、予防

運動は脳血流と酸素量を増加させるため脳細胞を活性化する効果があります。具体的な運動方法とは、ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングやエアロバイク(自転車こぎ)など有酸素運動です。高負荷の運動を週1回程度行うより、30分程度の軽い運動を週3~4回程度行うことが推奨されます。ただし、無理のない程度でかまいません。運動の効果は個人差もありますが一般的に半年~1年程続けることで明確になるとされています。運動と同時に頭の体操として脳に負荷をかけるとより効果的だとされてます。例えば、計算しながら歩く、しりとりをしながら歩く、などの方法が有効です。

リハビリの流れ

  • Step1.カウンセリング、アセスメント(評価)
    セラピストがカウンセリングとアセスメント(評価)結果を丁寧にご説明します。ご利用者さま個々の目標を考え、リハビリプログラムを組みます。
  • Step2.リハビリ
    カウンセリング、アセスメント(評価)から利用者さまに最適なオーダーメイドプログラムでリハビリを行います。例えば、一人で外を歩くことが目標の方に、足の筋力やバランス、関節の硬さなどを改善するための内容で行い、その後実際に外を歩くなど変化を実感して頂きます。
  • Step3.内容のフィードバック、結果共有
    リハビリした後にはご意見をいただき、担当者からも毎回のリハビリ結果をお伝えます。お互いの目標が共有されることによってより質の高いプログラムにしていきます。

脳梗塞リハビリスタジオ千葉からのメッセージ

公的医療保険や介護保険で受けられるリハビリに満足できない、仕事や自立した生活に復帰したい、完全マンツーマンで質が高いリハビリをしたい方にお勧めします。「進行性の病気」と言われ諦めておりませんか?諦めてしまうことは非常にもったいないことです。
ぜひ一度体験に来てください!

その他の疾患を見る