リハビリ無料相談実施中です

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

骨折

骨に損傷があることを骨折と言います。一般的な「ヒビ」も骨折の一種です。骨の一部分が欠ける、凹んでいる場合も骨折と診断されます。原因の多くは骨に外力が加わるためです。健康で丈夫な骨は、大きな力がかからないと骨折しませんが、例えば高齢者のように骨自体が弱っていたり、一部が溶けていると弱い力でも骨折することがあります。これを病的骨折です。また、健康の骨でも同じ場所に負荷が加わり続けることで起こる場合は疲労骨折といいます。要介護をもたらす原因(寝たきり)の第5位として骨折があり、「老年症候群」とも称される老化に伴う心身の機能低下が理由となる場合が多いです。骨折は運動器や運動機能の機能低下に由来しており、これらの予防に関しては運動療法(運動器の機能向上)が有効であると考えられています。

リハビリ方法

  • 手術
  • 内科治療として薬
  • 運動(リハビリ)、予防

一昔前は、「ギブスをして、外したらリハビリ」でしたが、近年は早期回復の観点からリハビリも早期から開始となっています。
一般的に負傷前の状態に戻るまで、約3か月~6か月かかると考えられています。
骨の癒合する目安日数として、中手骨:2週、肋骨:3週、鎖骨:4週、上腕骨:5週、上腕骨幹部:6週、脛骨:7週、上腕骨頸部:7週、下腿骨:8週、大腿骨幹部:8週、大腿骨頸部:12週とされています。
ただし、筋肉や関節は数日動かさなかっただけでも繊維が細くなっていく「萎縮」や関節が固まる「拘縮」が始まります。そのため、痛みを伴わない部位を負傷後早期から骨折の処置をして筋力強化と関節運動を行っていくことが重要です。

リハビリの流れ

  • Step1.カウンセリング、アセスメント(評価)
    セラピストがカウンセリングとアセスメント(評価)結果を丁寧にご説明します。ご利用者さま個々の目標を考え、リハビリプログラムを組みます。
  • Step2.リハビリ
    カウンセリング、アセスメント(評価)から利用者さまに最適なオーダーメイドプログラムでリハビリを行います。例えば、一人で外を歩くことが目標の方に、足の筋力やバランス、関節の硬さなどを改善するための内容で行い、その後実際に外を歩くなど変化を実感して頂きます。
  • Step3.内容のフィードバック、結果共有
    リハビリした後にはご意見をいただき、担当者からも毎回のリハビリ結果をお伝えます。お互いの目標が共有されることによってより質の高いプログラムにしていきます。

脳梗塞リハビリスタジオ千葉からのメッセージ

公的医療保険や介護保険で受けられるリハビリに満足できない、仕事や自立した生活に復帰したい、完全マンツーマンで質が高いリハビリをしたい方にお勧めします。リハビリを諦めてない方は、ぜひ一度体験に来てください!

その他の疾患を見る