リハビリ無料相談実施中です

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

筋挫傷

筋挫傷(筋損傷)は、すべてのスポーツ外傷の中の10-55%を占める発生頻度の高い外傷です。その病態として直達外力(例:サッカーやラグビーなどで相手プレーヤーと接触したり、蹴られた時や何かにぶつけた時に起こる筋肉の損傷)による筋挫傷と介達外力(例:全速力で走ったときやジャンプなどの動作で、筋肉が強く収縮されるために、筋繊維の一部に損傷が生じたもの)によるいわゆる“肉離れ”があります。

脊髄損傷へのリハビリ方法

  • 運動(リハビリ)、予防

軽症の場合にはRICE処置により、数日で軽減します。RICE処置とは、安静(Rest)、冷却(Icing)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)のことです。まずは痛みのない範囲で関節可動域を確保し、痛みの軽減に合わせてスクワットや筋力強化、バランス練習などを開始し、日常生活やスポーツ現場への復帰を目指します。

リハビリの流れ

  • Step1.カウンセリング、アセスメント(評価)
    セラピストがカウンセリングとアセスメント(評価)結果を丁寧にご説明します。ご利用者さま個々の目標を考え、リハビリプログラムを組みます。
  • Step2.リハビリ
    カウンセリング、アセスメント(評価)から利用者さまに最適なオーダーメイドプログラムでリハビリを行います。例えば、一人で外を歩くことが目標の方に、足の筋力やバランス、関節の硬さなどを改善するための内容で行い、その後実際に外を歩くなど変化を実感して頂きます。
  • Step3.内容のフィードバック、結果共有
    リハビリした後にはご意見をいただき、担当者からも毎回のリハビリ結果をお伝えます。お互いの目標が共有されることによってより質の高いプログラムにしていきます。

脳梗塞リハビリスタジオ千葉からのメッセージ

公的医療保険や介護保険で受けられるリハビリに満足できない、仕事や自立した生活に復帰したい、完全マンツーマンで質が高いリハビリをしたい方にお勧めします。「完治しない病気」と言われ諦めておりませんか?諦めてしまうことは非常にもったいないことです。
ぜひ一度体験に来てください!

その他の疾患を見る