リハビリ無料相談実施中です

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

パーキンソン病

パーキンソン病は、脳の異常によって運動障害があらわれる病気です。運動は脳の「大脳皮質」から筋肉に指令を伝えます。このとき、本人の意図どおりに体が動くように運動の調節を指令しているのが「ドパミン」と言われる神経伝達物質です。パーキンソン病はドパミン神経が減少し、ドパミンが十分につくられなくなる結果、運動調節がうまくいかなくなり、体の動きが障害されます。現在、日本だけでも約15万人の患者がいるといわれ、高齢者に多い病気です。
パーキンソン病特有として固縮という筋肉が硬くなる状態になったり、歩くときに歩幅が小刻みになって転ぶことがあります。筋肉の硬さは健常者が感じるものとは異なりパーキンソン病特有の神経的な要因から来る筋肉の硬さです。

パーキンソン病のリハビリ方法

  • 外科手術
  • 運動(リハビリ)、予防

パーキンソン病は進行性の病気ですが、運動することで症状を緩和することが可能です。パーキンソン病独特の姿勢を知り、動き方を変えることで動作も楽に行うことができます。また、固縮として筋肉が硬くなっている状態では体の反応を司るセンサーが鈍くなり、さらに筋肉は硬くなって全身の動きが悪くなります。解決方法としてはストレッチや運動を組み合わせることで硬さを改善し、症状を抑制することができます。
もちろん個人差はありますが、まずは継続した取り組みが大切になります。症状が進行してしまうと、リハビリ効果が弱まってしまうため、症状が軽い段階で取り組むことが特に重要です。

リハビリの流れ

  • Step1.カウンセリング、アセスメント(評価)
    セラピストがカウンセリングとアセスメント(評価)結果を丁寧にご説明します。ご利用者さま個々の目標を考え、リハビリプログラムを組みます。
  • Step2.リハビリ
    カウンセリング、アセスメント(評価)から利用者さまに最適なオーダーメイドプログラムでリハビリを行います。例えば、一人で外を歩くことが目標の方に、足の筋力やバランス、関節の硬さなどを改善するための内容で行い、その後実際に外を歩くなど変化を実感して頂きます。
  • Step3.内容のフィードバック、結果共有
    リハビリした後にはご意見をいただき、担当者からも毎回のリハビリ結果をお伝えます。お互いの目標が共有されることによってより質の高いプログラムにしていきます。

脳梗塞リハビリスタジオ千葉からのメッセージ

パーキンソン病は進行性の病気ですが、リハビリを行うことで症状の進行を予防しながら日常生活において困難になってしまった動作を再び行いやすくしていくことができます。
個人差はございますが、まずは運動する機会を作り、身体を使うことが重要です。当施設では、経験豊富な作業療法士による60分間のストレッチと運動を行い、筋肉を動きやすい状態にさせていきます。マンツーマンのリハビリを60分間行うことができますので、運動機能を促進するためのリハビリ量をご提供させていただきます。

その他の疾患を見る