リハビリ無料相談実施中です

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

呼吸器疾患

呼吸器の病気とは、肺気腫、慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患、 肺炎、食道や肺の手術をした後の痛みがあります。特に慢性閉塞性肺疾患は遭遇する頻度の高い重要な呼吸器疾患です。運動耐容能の低下、日常生活活動の制限、生活の質の低下など患者に及ぼす影響は深刻です。

脊髄損傷へのリハビリ方法

  • 内科治療として薬
  • 運動(リハビリ)、予防

リハビリでは正しい呼吸法、いわゆる腹式呼吸と口すぼめ呼吸を本人がマスターすることが重要となり、そのための指導を行います。呼吸器疾患のある方は、呼吸が浅く気道が細く塞がりやすいため正しい呼吸方法の取得によって肺の効率的な喚起を促すことができます。呼吸法が習得できれば、排痰も上手くなります。運動も筋力を維持・強化するため有酸素運動を取り入れることで呼吸機能の維持や改善に繋がっていきます。例えばウォーキングによって足腰をはじめ全身を鍛え、心肺機能の改善を目指すことも大事です。なお、呼吸器疾患の方は胸部の筋肉が硬くなるりやすいため呼吸筋のストレッチを行うことで大きく楽な呼吸ができるようになります。

リハビリの流れ

  • Step1.カウンセリング、アセスメント(評価)
    セラピストがカウンセリングとアセスメント(評価)結果を丁寧にご説明します。ご利用者さま個々の目標を考え、リハビリプログラムを組みます。
  • Step2.リハビリ
    カウンセリング、アセスメント(評価)から利用者さまに最適なオーダーメイドプログラムでリハビリを行います。例えば、一人で外を歩くことが目標の方に、足の筋力やバランス、関節の硬さなどを改善するための内容で行い、その後実際に外を歩くなど変化を実感して頂きます。
  • Step3.内容のフィードバック、結果共有
    リハビリした後にはご意見をいただき、担当者からも毎回のリハビリ結果をお伝えます。お互いの目標が共有されることによってより質の高いプログラムにしていきます。

脳梗塞リハビリスタジオ千葉からのメッセージ

公的医療保険や介護保険で受けられるリハビリに満足できない、仕事や自立した生活に復帰したい、完全マンツーマンで質が高いリハビリをしたい方にお勧めします。「完治しない病気」と言われ諦めておりませんか?諦めてしまうことは非常にもったいないことです。
ぜひ一度体験に来てください!

その他の疾患を見る