リハビリ無料相談実施中です

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症とは、運動失調を主症状とし、原因が、感染症、中毒、腫瘍、栄養素の欠乏、奇形、血管、障害、自己免疫性疾患等によらない疾患の総称です。臨床的には小脳性の運動失調症候を主体とします。遺伝性と孤発性に大別され、いづれも小脳症状のみが目立つもの(純粋小脳型)と、小脳以外の病変、症状が目立つもの(多系統障害型)に大別されます。劣性、遺伝性の一部で後索性の運動失調症候を示すものがあります。

パーキンソン病のリハビリ方法

  • 外科手術
  • 運動(リハビリ)、予防

小脳の損傷に対して、運動機能を維持・改善するためには歩行訓練やバランス訓練を行うことが効果的です。具体的には、固有感覚を中心に視覚等の感覚入力を強化することが小脳疾患への介入方法となります。重錘による負荷や、弾力帯装着をしての運動、フレンケル体操、固有受容性神経筋促通法(PNF)も効果的です。リラクセーションや反復動作練習、腕や足を伸びきらない上体の中間姿勢を保持する練習も有効です。廃用症候群を併発しやすいことから、積極的な運動で筋肉を使う機会をつくることが必要です。また、持久力低下に対しては自転車エルゴメーターなどの有酸素運動や低負荷高頻度の運動が効果的です。

リハビリの流れ

  • Step1.カウンセリング、アセスメント(評価)
    セラピストがカウンセリングとアセスメント(評価)結果を丁寧にご説明します。ご利用者さま個々の目標を考え、リハビリプログラムを組みます。
  • Step2.リハビリ
    カウンセリング、アセスメント(評価)から利用者さまに最適なオーダーメイドプログラムでリハビリを行います。例えば、一人で外を歩くことが目標の方に、足の筋力やバランス、関節の硬さなどを改善するための内容で行い、その後実際に外を歩くなど変化を実感して頂きます。
  • Step3.内容のフィードバック、結果共有
    リハビリした後にはご意見をいただき、担当者からも毎回のリハビリ結果をお伝えます。お互いの目標が共有されることによってより質の高いプログラムにしていきます。

脳梗塞リハビリスタジオ千葉からのメッセージ

公的医療保険や介護保険で受けられるリハビリに満足できない、仕事や自立した生活に復帰したい、完全マンツーマンで質が高いリハビリをしたい方にお勧めします。リハビリを諦めてない方は、ぜひ一度体験に来てください!

その他の疾患を見る